QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また、製作・・・。(^^;)

今度は、湾ベイト型(湾ベイト改造)のアイジー30
gun

srh

ちょっと、大変でした。(^^;)

あとは、ケイムラ化してから、ウレタン入浴です。

時間はたっぷりありそうなので、ゆっくり完成させます。(^^;)
スポンサーサイト

売り場で、目が合っちゃったよ・・・

このカラーと目が合ってしまったよ。

運命の出会いってやつですか???

勢いで、購入しちゃいましたよ・・・。(^^;)

df
フック:カルティバSD-33#4

①理想の水深は2m以下、1m以下が最も効果を発揮するシャロー専用バイブレーション。
②小刻みにティップアクションを加えながらのスローリトリーブ。
③ショートピッチのリフト&フォール。
④トリプルフックを前後につけてもOK。(リアに1個ではバランスが悪くなる)
(リングは、#2)
【推奨フック】
前後:SP-MH#8 もしくは、 前後:RB-MH#10
速巻きは、フロントは#10  リアは#8
⑤前のアイが通常のWフックバージョンの時。後方のアイがトリプルフックバージョンの時。
(速巻きの時は、前のアイ)


購入する時は、要チェックです。
開封したら、ガビ~ンとならないように・・・。(^^;)
dddd

アイジー30の調整終了

フック・ブレードが確定したので、上のゴム管を正規品に交換。
マーブりんの方は、ブレードの色はゴールド。

098

あとは、シーバスの入荷を待つのみ。(^^;)
50UPのランディング率は、どれぐらいになるか楽しみ。
8割は最低ラインなんだけど・・・(爆!!)

しかし、暑いっすね~。(T-T)

モーニングを予定してます

ホームは、釣れてるんでしょうか? (^^;)
酸素は十分なようですが・・・。
問題は、水温か?

川筋で出すなら、良い潮のタイミングなんですけどね~。

グリグリド~ン!!

グリグリがダメなら、お地蔵さんでもいいけど・・・。

速巻きバージョンを試したいので、出来れば、ガツンとお願いしたい。(^^;)

アイジー30 フラットバージョン

hg
フックは、SP-MH#6搭載

フォールでも食わしたい・・・
ヒラ打ち出来るのか???(^^;)

邪道 ファーストアタック

久々のクルクル

n

v   c

花火を買ったのは、これだから。(^^;)
f
紫外線の反応


クルクルをやる時は、お地蔵さん巻きが最強。

GUN吉30g グロー完成~♪

b   v

完成したけど、シーバスは・・・。
川で、涼んでいるんでしょうか? (^^;)

まあ、例年通り、この時期、釣れないホームなんだけどね。
秋には、活躍してくれるでしょ!!
グローなんて、僕しか使ってないからね~。

ロストした時に、困らないように、あと、1個ぐらい作っとくかな?
(8月中に)

DUEL X8

DUEL社に聞いたら、X8のデニール数値は

   1号で、200デニールだって!!

1号で、20lb(9kg)表示。

よつあみのWX8は、1号で16lb
がまかつのライトキャストPEは、1号で、12lb

DUELのX8,最強じゃね??? (^^;)

コーティングPEが嫌いな人は、試す価値があるんじゃね?

ナチュラムでは、1号(200m)が4704円で売るみたい。

よつあみ WX8 1号

n
標準重量が表記されてます。
 
   100mで2.26g


9000mで計算すると、 

   203.4g

このラインは、限りなく正確なラインの表示をしてる事になります。

流石は、よつあみ社ですね~♪

WX8は、ワインドとかやらないなら凄い良いラインだと思うんだけど、
僕の釣りには、合わないんだよね~。
もう少し、コシがあれば使えそうなんだけど・・・。(^^;)

前回の記事で、9000m購入して、なんたらこうたらと、書いたけど、
150mか200mのラインを購入して、計測すれば良いんだよね・・・。
オタッキーならやれるね~♪

DUELの新発売されるX8は、何デニールなんだろうね?
1.2号で、27lbとなってるけどさ・・・。
今のところ、最強クラス。


WX8とライトショアPEの比較(1号)をすると、
WX8は、16lb (203デニール) 8本ヨリ
ライトショアPEは、12lb (200デニール) 4本ヨリ

デニール(d)を表示するメーカー

がまかつ ライトショアPE は、デニールの表示がある。

9000mあたりの重さは、ナイロン・フロロ・PEで、大体決まっているらしい。
b
よつあみ社より拝借。(^^;)

がまかつは、ラインの細さは、キッチリ規格に合わせてるみたいだ。

1.0号で、200デニール(d)なので。


流石に、各社のPEを9000mも購入して重さを測定するオタッキーは、いないだろうな・・・。(^^;)
コーティング系PEは、デニール表示の意味を持たないので、まだまだ、いろいろ問題がありそうだ。

日本での号数表示は、ナイロンの場合を例にあげると、
ナイロンラインの標準直径は0.165mmですが、市場に出回っている1号が、すべてこの数値に近いわけではありません。たとえば0.8号の標準直径は0.148mm、1.2号は0.185mmですが、0.148mmよりも太く、0.185mmよりも細いラインであれば「1号のナイロンライン」を名乗ることができます。
m

ラインを変えた時に、「 太いんじゃね? 」や 「細いんじゃね?」 と思うのは、このため。

PEライン購入者としては、まだまだ、ライン選びは、期待と裏切りの繰り返しが続きそうだ。(^^;)
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。